Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.03.05 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Diary

聖なる夜に思う事

クリスマスクリスマス

私の働いているホテルは満室御礼

職場では今日2回、サンタさんを見たよクリスマス
ちびっ子達も「昨日サンタさんにこれもらったのー」と自慢してくれる子がいっぱいで、とっても楽しかった☆
そんなクリスマスムード全開の今日。

かと言って、そんな「非日常」空間の裏方部隊の私達は逆に「日常」感が無いため、今日が何日かの意識もあまり無いまま普通にお仕事。

イブの夜は、女子レベルの高い先輩が「チキン焼いたよー」と素敵な連絡を寄越してくださり、鳥さん一羽を女子達で食しました。

そして深夜に帰宅すると、ポストに一通の封筒がメールピンク

送り主は実家の母から。

何で?
配送を頼んでいた食料はこないだ来たばっかりなのに?
住所変更していないDMの山?

とか考えを巡らして開けてみると、中には更にラッピングされた封筒が…!!!


思いがけないプレゼントでした。
中身は仕事でも毎日使えるようなアクセサリー。


先日帰省した時に、「もうクリスマスプレゼントは無いからねー」なんて言っていたくせに。粋です。

プレゼントはもちろん、仕事が遅くて不在が多い私がきちんと受け取れるよう、郵便でポストに入るサイズで贈ってくれる所や、投函する日付も考えたんだろうな、中身も毎日使える物だったり、、、

母の行き届いた心遣いが懐かしくもあり、改めてすごいな、と思うばかりです。


本人には絶対に言わないけど、母は愛情深くて気配りが上手な人です。
だから母の周りには人が自然と寄って来ます。

そんな母がよく言っていたのは、
「人に優しくなるには、まず自分が幸せにならなきゃダメ。人に優しくなるためにも、自分の幸せに貪欲にならなきゃいけないのよ。」という事。

そんな母の教えを受けた私は、人から贈り物をもらうと「私の事を考えてくれた嬉しさ」に加えて、「その人が今幸せな事がわかった事への嬉しさ」を感じます。


実は私、今年のクリスマスに就職した記念も含めて初サンタさんをしましたチョキ

従兄弟やお世話になったお姉ちゃんの子供、そして小さなお友達にプレゼントを贈ったのです。

すると続々と来るありがとうの連絡。

小学生の子は電話をくれて、5歳の女の子は絵を描いてくれました。
赤ちゃん達はお母さんからありがとうのメール。

喜んでたくれた嬉しさと同時に、人にあげられる余裕(精神的、な。ぶっちゃけ張り切り過ぎて経済的にはちょっとキツクなりましたw)を持てた事への嬉しさを感じました。
とことん自分中心ですが。笑


近所や一緒に住んでいない子供達に私が出来る事は、愛情をいっぱい捧げる事だと思います。
毎日やしょっちゅう顔を会わせられるのなら「背中を見て育て」的な厳しさも必要だと思います。

でも、それが出来ない私はたまにこうやって、愛情を伝える事。
その子達がまた、人に優しく出来るように。

「ちゃんと思ってるよ」「いつでも頼っていいんだからね」と教えてあげる事。
私自身がそうやって、親だけでなく周りの大人たちに守られている事を感じながら強くなってきたから。
私の周りの子供たちは一人っ子ばかりなので、よりおばちゃんは気がかりなのです。


という訳で、捨て駒のつもりだったクリスマスは、なんだか色々考えて心がほっこりする日になりました。

こんなしっとりクリスマスも、たまにはいいかも。
  • 2011.12.26 Monday
  • 00:06

-

スポンサーサイト

  • 2012.03.05 Monday
  • 00:06
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment