Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.03.05 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Book

褒められ上手で褒め上手

人から褒められた時、まず第一声になんと反応していますか?

例えば「今日の洋服素敵だね〜」と言われた時。


相手や言い方、シチュエーションにもよりますが、付き合いの浅い人の場合私は
「この人は何を企んでいるんだ!?」
「何をお願いされるんだ!?]
と思ってしまいます。

人の優しさや賞賛には大抵ウラがある。
と思ってしまう寂しい23歳です。


それじゃあいけないんだろうな、と思っていたんですが、やっぱりいけないみたい。


人から褒められたら、どんな小さな事でもまずは「ありがとうございます」とお礼をいう事が大事なのです。

更にそこから褒めてくれた人への気遣いも忘れずに、質問をするなどして褒め返しも出来たらお互いに気持ちの良い、ポジティブなコミュニケーションが取れて良い印象へと繋がります。


更に、自分も相手を褒めたり気持ちの良いコミュニケーションを提供したいですよね。


私がついついやってしまいがちだなーと思ったのは第三者の話ばかりしてしまうこと

話のきっかけにはもちろん良いのですが、マナーや限度が大事なようです。

確かに私先日、2年ぶりくらいに会った知人と共通の知人から話がスタートしたのですが、その後私が自分の近況報告をしようとしても「そういえば○○ちゃんも△△行ったって言ってたわよーその時にねー・・・」とそこにいない人の話ばっかり。
話を軌道修正するのも面倒くさくなり、その人に対するイメージも少し下がった記憶があります。

特に初対面や付き合いの浅い人とだと、その人との会話のイメージが「第三者の○○さん」だけになってしまい、今後には発展しないだろうなぁ、と思います。

相手との話を楽しくするために

,覆襪戮早く、多く、相手に対しての情報を多く入手する事

∩蠎蠅量樵阿鬚茲使う事

特に△録Г鵑平佑妨世錣譴浸があり、本にも何度も何度も書かれていました。
そして実践している人にも何度か出会った事がありますが、やっぱり好感を持てるものです。


私は自分のかつぜつが悪いからなのか、苗字を間違えられる事がしばしばあります。

「それで●●さんは・・・」と言われた時、サラっと「あ、○○です」と言うのも結構慣れっこ。

何度も会っているのにそれだとちょっと寂しく思うけれど、初対面や話初めの段階では「名前を覚えようとしてくれてるんだ・・・」と逆に嬉しくなります。

人間は一回間違いを指摘されると二度と間違えないように覚えるもの。
『間違ってるのかな・・・』と思って使わないより、『聞いてみて確かめよう!』くらいの心意気の方がいいのかもしれません。

とはいえこれはあくまで個人の見解ですのでご注意を。
やっぱり名前は初めから間違えないで覚えて使うのが一番だと思うので。


ちなみに、かつぜつから来る苗字の間違いだけでなく、名前の漢字が珍しい私は漢字を間違えられる事もしばしば。

だからか、昔から漢字にちょっとしたプライドを持っています。
携帯の表記はもちろん、ちょっとしたメッセージにも漢字で名前を書くようにしています。

だからこそ、付き合いが浅い人はともかく何年もの付き合いの人からの間違いはショック以外のなにものでもありません。

それが手書きの手紙や宛名書きだったら尚更。
だったらひらがなにしてくれ。と心の中で叫んでしまう事がよくあります。

名前は親から付けられた最初の贈り物で愛情の塊。
自分のも人のも、大事にしていきたいな、って思います。

ってなんだか話が逸れたけど、前半のタメになる部分はやっぱり本からの引用です。

  • 2010.12.17 Friday
  • 12:03

Book

やっぱり見た目は大事だと思う

人は見た目じゃない!!と言うけれど、嘘だと思います。

でも、人は見た目だけじゃない!!と言うのは本当だと思います。

品格と言うか、人柄は多少なりとも見た目に反映されると思います。

だからこそ、内面を変えたかったからまずは見た目から変えてみる事。
逆の方法でもありますが、この本にも書いてあって共感した事です。

私の場合、数ヶ月前にパンツスーツを購入して定期的に着るようになって、少し自分の気持ちがピンと張り詰め始めた気がします。
それまではスーツを着ると一気に自信が無くなり過呼吸になった時期もあったのでこれは大きな進歩です。

本の中で紹介されていた見た目のルールは目から鱗とまではいきませんが(失礼!!w)、なるほど〜たしかに〜と思う事ばかり。

早速少しずつ始めよう、始めれる!と思える事ばかりです。

また著作権の話には耳を塞いで紹介したいと思います。

____________________

表情の印象は口角を5ミリ上げる事で変わる

人が思う「笑顔の基準」はそれぞれ違う。
「笑顔のつもり」では相手に伝わっていない場合もある。

5ミリ=相手に「この人は笑顔だ」と認識してもらうための最低数値

自分の表情を客観的に鏡や携帯カメラでチェックする事も大切


アイコンタクトに深い意識を持つべき

アイコンタクト=目をじっと見る、だけではない

アイコンタクトは信頼を深めるためにするものであり、コミュニケーションに必要不可欠

_駭辰スタートして1分以内に、直感で相手の目の素敵なところを2つ発見する。
(例:目が大きい、切れ目でかっこいい、など)

◆嵜翰」が表れやすい目の動きを観察する。

手癖・足癖に本当の品性が表れる

【NG例】
つめを噛む→精神的に不安定な印象
テーブルに肘をつく→無気力、子供っぽい印象
テーブルでエアピアノを弾く→落ち着きや集中力が無い、頭が軽そうな印象
腕を組む→欲求不満・ストレスを抱え込む印象
足を大きく開いて座る→威圧的・頑固・知性が低い印象
バランスを崩して立つ→不健康・不摂生な印象  などなど・・・

1個の癖に意識を持てば、付随して他の癖にも意識がいくようになる。

・ビジネスファッションは相手のために装うもの

一目で業界・業種・ポジション・イメージが相手に伝わるファッションの方が効率的に人とわかる合うことが出来る。

人から見た時の印象がわかるよう、1.5メートル離れた位置から鏡を見ることが大切
厳しく正直にアドバイスをしてくれる人を同性・異性で1人ずつ探しておくと良い

足元チェックで若々しくいられる

足元は向き合っている相手と一番近い距離にある部位
だから油断大敵!!

女性の足首のストッキングのたるみ、顔より白いストッキングは見た目年齢を確実に上げる

つま先磨き・ソールの手入れを怠らない事が重要
  • 2010.12.13 Monday
  • 23:32

Book

自己啓発

自己啓発本って、読まないタイプでした。

人の話を聞くのは好きなのですが、根本的にあまのじゃく・年中反抗期人間なので本として文字として素直に受け入れられないのです。

「本(100ページ以上の物)にするために、当たり前の事ばっか書いてるんじゃないの!?」
と思ってしまいます。
[無職から年収1000万に!]とか経歴をうたい文句にしている感じとか、デカデカと著者の顔写真がある感じも苦手。
作者の顔写真はひっそりと折り込み部分でいいじゃないですか。笑

更に単行本が主で、値段も(文庫に比べて)高めなのが更にあたしの反抗心を駆り立てるのでした。

学生時代に「だまされたと思って読んでみ!?」と言われて「絶●内定」を買って、本当に騙されたと思ってこれからは買うもんかと思ったもんでした。(爆)


でも


今回は買ってみました。

騙されたと思って、というより、自分を騙すつもりで。

いい加減、嫌なんです。
口ばかりで動き出さない自分が。
自信が無いと縮こまっている自分が。

自信が無いなら、自信がある自分を装えばいいんだと思いました。
そうじゃなきゃ、あたしの性格上自信なんて一生付かないと気付きました。
演じる手段を学んで、演技から本当に自分のスキルにしていけばいいんだと思います。

当たり前のような事でも本の通りひとつずつ実践すればいい。
それでうまくいかなかったら本のせいにしちゃえばいいんじゃん。笑

って軽い逃げ道を作っておくような弱い気持ちもありつつ。


あたしが苦手なのは有言実行の人。
なぜなら自分が有言無実行だからです。

今回はそうならないために、ブログにて公言。
今まで日記や心の中で思うばっかりで、自分で言い訳したりいくらでも処理出来ちゃっていたもんでね。

ちなみに、この本を選んだ理由は完全に「金スマ」の影響ですwww
月末の放送で、over30のアナウンサーがこの本を読んで自己改造を始める姿に感化されました。
ハイ。単純ですw

きっかけはなんにせよ、変わる事はいい事だよね。うん。

少しずつ読み進めていますが、あたしは本の回しもんでは無いので、本を読んで頭に入れたいな、人にも教えたいな、と思った事はじゃんじゃん書いていきたいと思います。(無断転用にならない程度に)
このブログを毎日読んでいけば、あなたも人に好かれる人に★笑

年度内に一つの結果を残しておきたいところ。
頑張ります!!


ちなみに、本をお書きになった方のお美しい姿が綺麗に印刷された帯は、申し訳ないのですが外させていただきました。

すると愛着倍増。
人間は単純なものですなwww

  • 2010.12.03 Friday
  • 12:28

Book

27歳

「27歳くらいで目標の人を探してみましょう」といわれたので、ちょっと考えてみた。

身近にいる27歳・・・が意外といない。
もうちょっと上や下は先輩や知り合いで結構いるんだけど、27歳にドンピシャな人がなかなかいなく・・・

うぃきぺでぃあ大先生で検索・・・

すると・・・

いたいた・・・

元AKBの「ババア」こと(笑)め〜たん(大堀恵)じゃん♪


丁度先日、しおれた地元の図書館にめーたんの本が何故かあり、借りた所でした。


『最下層アイドル あきらめなければ明日はある!』

本屋で立ち読みした事はあるんだけど、改めて読んでみるとスゴイ・・・

AKB48のメンバー(当時は)がここまで書いていいの!?って言う位の本音が綴られてる。
めーたん自身がいかに苦しんでもがいて今のセクシーキャラを確立したかって事も。

そして、「人より努力する」「しがみつく」「あきらめない」といった熱血ワードがボロボロ

一年前に立ち読みした時はあまりに力強すぎてちょっと引いてしまったのですが、今のあたしにはビリビリとパワーを感じました。

あたしの生き方も、キラキラとスマートではなく、体育会系のノリで暑く生きてく方だなぁ、と思ったり。

もちろん、テレビに映るキラキラした女優さんやモデルさんも影では涙も汗もにじむような努力をしているのかもしれない。
でもそれを言ったり、本に書く人はあんまりいない。
それもそれでカッコいいんだろうけどね。

でも、だからこそめーたんの本は斬新ですごく刺激的だった。
あたしが今目指す27歳は間違いなくめーたんです。

近いうちに買ってしまうかも。笑

生まれ持って特別な才能が無い、でも夢はあるんだ!って人は是非読んでみて欲しいです。
きっとあたしみたいにパワーもらうと思います。

ちなみに、AKB48についてのわかりやすい解説もあるから「AKB48ちょっと気になるけどよくわからん」って人にもオススメですよ☆

評価:
大堀 恵(AKB48)
WAVE出版
¥ 1,470
(2009-08-25)
コメント:しがみつく生き方!サバイバルな世の中を生きていくのに絶対必要な事を教えてくれる本

  • 2010.07.02 Friday
  • 10:38

Book

Nのために

 湊かなえ「Nのために」
読み終わりましたー!!

主に移動電車で読み、計6時間くらい?
どの章もさくさく読めました。

冒頭から背筋がぞっとする感覚から入って、最後にはまた最初とは違った恐怖感を感じるのは、「告白」と一緒

けど今回は恐怖と一緒に胸がぎゅーっとなるような切なさも同じ位ありました。

帯や宣伝にテーマが「愛」って書いてあって、途中まで意味がわからず出版社のこじつけか?って思ったけど、最後まで読んで理解できました。
タイトルの意味も。

登場人物の年齢が比較的近いから自分が周りの人に対して持ってる愛はどれだろう、って考えさせられました。
ちょっとした悪戯心や自分を肯定してもらいたい気持ちとか、共感できる部分もいっぱいありました。

ただ読んでる途中のドキドキ感は少ないかも。
最後まで読んで、いきなりズーンって来る感じです。

あとこの人の作品を読んで毎回思うのは、女を本当によくわかってるなぁ〜って事
色んなタイプの女を知ってるし、女の怖いとこも素直な気持ちの描写が本当にうまいと思う。

あんまり書くとネタバレしそうなんでこの辺でw

湊かなえさんの作品好きな人は是非読んでほしいです!
ただお初向けではないかも…w

数日間は湊かなえワールドで頭の中忙しくなりそうですw
評価:
湊 かなえ
東京創元社
コメント:今までの作品とはまた違ったドキドキ感!!「愛」についてトコトン考えさせられる作品でした。

  • 2010.02.08 Monday
  • 01:16

Book

新刊

DVC00168.jpg
湊かなえさんの新刊ゲット!
「Nのために」

久々に本屋さん行ったら(雑誌はコンビニ・本はamazonな人)発売してから一週間経ってなかったよ!
こういう偶然になんかワクワク☆

湊かなえさん大好きなんだけど、
読むと世界観に引き込まれてしばらく考え込んでしまうので今読み掛けのを片付けてからにします!

早く読みたいけどね…!!

湊かなえさん大好きです!
本屋大賞の「告白」が映画化って聞いてかなり嫌だったんだけど、監督が「下妻物語」の中島さんと聞いて一気に楽しみになりましたo(^-^)o

原作のドキドキハラハラを残しつつ、面白シュールにしてくれると思います♪
見に行こうっと〜
  • 2010.02.02 Tuesday
  • 22:18

Book

ブックレビュー:「告白」

評価:
湊 かなえ
双葉社
コメント:こんなにドキドキしたのは久しぶり!!読んで二日経った今でもあの衝撃は忘れられません。

 最近は現実逃避なのか読書ばっかりしてます。

といってもあたしの場合、もっぱらフィクションのお話でたまーにエッセイ。
ビジネス本はどうもページが進みません

ここ最近で読んだ中で一番のお勧めがコレ。
「告白」湊かなえ

今年の本屋大賞で話題になった本です

賞の候補になってた時に知って気になってたんだけど、読み始めたのは本屋大賞になった当日(笑)

ある中学教師の告白から話は始ります。
「私の娘はこのクラスの生徒に殺されました」
教師の語り口調で話の進む一章に始まり、そこに関わる人々の異なる視点から事件がみつめられます。

そして明かされる真相。
ラストでの衝撃は言葉に表せないものでした。
全ての点と点が繋がり明らかになる爽快感と背筋が凍るような衝撃が待ってます。

読み終えて二日経った今でも気づけばこの本の事を考えてます。笑

サスペンスなのですが、話はとっても淡々とそしてゆっくり進みます。
けれどじわじわと謎が深まり、とにかくドキドキさせれらる。
寝る前にちょっと…のつもりで読み始めたら気づけば明け方になって8割読み終わってしまいました。

殺しとか、トリックとか、難しくて読みたくない。
そんな人にも胸を張って薦められる作品です。

絶対読んでください。笑
  • 2009.04.13 Monday
  • 02:32

1